30代エンジニアの資産形成ブログ

30代エンジニアが6000万円の資産を形成するために行っていることを発信していきます。楽天経済圏での株式投資、節約、効率的なポイント収集やブログでの収益化を行っていきます。

【企業分析】企業分析 証券番号7068 フィードフォース

f:id:hidemaru_1988:20210425152915p:plain
 

こんにちは、ひでまるです。
まずは読者になってもらえると嬉しいです!

◆読者登録よろしくお願いします!◆

 

以前もちらっとやっていましたが、企業分析を再開していこうと思います。

基本的には、指数を羅列するだけなので、分析かといわれるとそうではないかもしれませんが、ご了承ください。

 

今回の記事含め今までの企業分析をまとめています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

hidemaru-1988.hatenablog.com

 

 

f:id:hidemaru_1988:20210320111205p:plain

  

 

企業情報

事業内容

最適なタイミングで広告を表示するデータフィードサービスなどマーケティングツールを提供。

*株探より引用

解説

【続 伸】

アナグラム好調。SaaSもソーシャルログイン軸に伸び想定超。営業費用減り利益上振れ。22年5月期はSaaS続伸。大企業向け復調。ネット広告伸長。

 

【業務提携】

スマートニュースと提携しメディア向け開拓。基盤としてデータフィード管理ツールが採用。ショッピファイ専用アプリ投入。LINE連携のCRM施策実現を訴求。5月までに2サービス追加予定。

楽天証券より引用

設立年

2006/3

上場年月日

2019/7/5

役員構成

(社長)塚田 耕司
(取締)喜多 宏介
(取締)西山 真吾
(取締)阿部 圭司*
(取締)岡田 吉弘*
(取締監査)佐藤 爲昭*
(取締監査)浦 勝則*
(取締監査)佐藤 康夫*

 

株主構成

合同会社理力 200(30.9)
塚田耕司 189(29.3)
阿部圭司 62(9.7)
マイナビ 21(3.3)
日本マスター信託口 11(1.7)
田吉 7(1.0)
日本カストディ信託口 6(0.9)
宮城満英 5(0.8)
寺嶋徹 5(0.7)
喜多宏介 4(0.7)

 

時価総額

264億5100万円(2021/4/25時点)

会社URL

www.feedforce.jp

株探URL

kabutan.jp

決算情報

最新決算短信抜粋(2021年第1四半期)

【プロフェッショナルサービス事業】
当第1四半期連結累計期間においては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響に加え、季節性の影響による広告出稿額の減少が見られましたが、概ね当初の見込みどおり推移した結果、当第1四半期連結累計期間の経営成績は、売上高411,846千円、セグメント利益107,743千円となりました。

SaaS事業】
当第1四半期連結累計期間においては、主に売上単価の増加により、各サービスで順調に売上げを積み上げました。
これらの結果、当第1四半期連結累計期間の経営成績は、売上高139,301千円、セグメント利益25,503千円となりました。

【DX事業】
当社は、「テクノロジーを使ったデジタルアセット活用の基盤づくり」を通じて企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援する新サービスの展開を予定しております。このため、当第1四半期連結会計期間より新事業の立ち上げ及び業容拡大を目的として、「DX事業」を新設いたしました。
当第1四半期連結累計期間においては、主に新事業の開発に係る支出を研究開発費として計上し、セグメント損失5,187千円となりました。

最新決算短信抜粋(2021年第2四半期)

【プロフェッショナルサービス事業】

当第2四半期連結累計期間においては、引き続き新型コロナウイルス感染拡大の影響により一部の業界における広告出稿額の減少が見られましたが、アナグラムの新規案件の獲得が堅調に推移しました。
これらの結果、当第2四半期連結累計期間の経営成績は、売上高862,120千円、セグメント利益268,387千円となりました。

SaaS事業】
当第2四半期連結累計期間においては、主にdfplus.ioとソーシャルPLUSにおける新規顧客の獲得及び各サービスの売上単価の増加により、順調に売上を積み上げました。
これらの結果、当第2四半期連結累計期間の経営成績は、売上高283,781千円、セグメント利益63,153千円となりました。

【DX事業】

2020年10月14日に、事業者のデジタル活用支援、Eコマース支援を手掛ける子会社「株式会社リワイア」(当社出資比率2020年11月30日時点では90.9%、2020年12月28日時点で82.0%)を設立いたしました。
当第2四半期連結累計期間においては、主に新事業の開発に係る支出を研究開発費として計上したほか、子会社設立による関連経費の支出により、セグメント損失15,952千円となりました。

最新決算短信抜粋(2021年第3四半期)

【プロフェッショナルサービス事業】
当第3四半期連結累計期間においては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により一部の業界における広告出稿額の減少が続いているものの、デジタルシフトの加速によって特にEC・デジタルコンテンツ関連業態においてインターネット広告の需要が高まっているほか、年度末にかけて業績が拡大する広告業界の季節性もあって順調に推
移しました。

これらの結果、当第3四半期連結累計期間の経営成績は、売上高1,418,565千円(前年同四半期比147.7%増)、セグメント利益518,719千円(前年同四半期比171.0%増)となりました。

SaaS事業】
当第3四半期連結累計期間においては、主にdfplus.ioとソーシャルPLUSにおける新規顧客の獲得が堅調に推移し、順調に売上を積み上げました。

これらの結果、当第3四半期連結累計期間の経営成績は、売上高441,205千円(前年同四半期比27.6%増)、セグメント利益113,230千円(前年同四半期比314.5%増)となりました。

【DX事業】
 2020年10月14日に、事業者のデジタル活用支援、Eコマース支援を手掛ける子会社「株式会社リワイア」を設立いたしました。
 当第3四半期連結累計期間においては、Shopifyを基盤としたサイト構築、Shopify向けアプリの開発やリリースを開始したことから、主にこれら新事業の開発にかかる費用を計上しています。

これらの結果、当第3四半期連結累計期間の経営成績は、売上高70千円、セグメント損失33,725千円となりました。

業績情報

売上高・営業利益・経常利益・最終益推移

f:id:hidemaru_1988:20210425211020p:plain

売上高・営業利益・経常利益・最終益推移(4半期毎)

f:id:hidemaru_1988:20210425161831p:plain

株式チャート

f:id:hidemaru_1988:20210425214803p:plain

各種指標

PER:55.9倍

PBR:12倍

ROE:30.93

自己資本比率:18.3%

会社評判

OpenWork評価値

f:id:hidemaru_1988:20210425162054j:plain

10バーガ指標判定

上場して5年以内 → 〇

オーナ企業 → 〇

売上成長率年20%以上 → 〇

時価総額300億以下 → 〇

 

最後に

f:id:hidemaru_1988:20210320111649p:plain

 

記事の中に記載してほしい指数や情報がありましたら、コメントもらえるとうれしいです。

 

Youtubeもほそぼそと継続しています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

チャンネル登録していただけると大変うれしいです!!!

当ブログは、あくまで初心者である私が株式投資を行っていく過程を綴っているだけですので、投資はそれぞれの責任で行ってください。