30代エンジニアの資産形成ブログ

30代エンジニアが6000万円の資産を形成するために行っていることを発信していきます。楽天経済圏での株式投資、節約、効率的なポイント収集やブログでの収益化を行っていきます。

【企業分析】企業分析 証券番号3922 PR TIMES

f:id:hidemaru_1988:20210426210525p:plain
 

こんにちは、ひでまるです。
まずは読者になってもらえると嬉しいです!

◆読者登録よろしくお願いします!◆

 

以前もちらっとやっていましたが、企業分析を再開していこうと思います。

基本的には、指数を羅列するだけなので、分析かといわれるとそうではないかもしれませんが、ご了承ください。

 

今回の記事含め今までの企業分析をまとめています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

hidemaru-1988.hatenablog.com

f:id:hidemaru_1988:20210320111205p:plain

  

 

企業情報

事業内容

プレスリリース配信サイト「PR TIMES」運営。動画など関連サービスも。ベクトルの傘下。

*株探より引用

解説

【好 調】

22年2月期はプレスリリース配信着実増。地方金融機関との提携核に新規利用社数も拡大。人件費やシステム開発費膨らむが、宣伝費抑制で吸収。連続営業増益。子会社合併特益消失。投資先行で無配。

 

【提携先拡大】

外部機関との提携や関係強化に特化したアライアンス担当を営業本部内に設置、提携先の範囲拡大。タスク管理ツール事業テコ入れへ専門営業部署設置。

楽天証券より引用

設立年

2005/12

上場年月日

2016/3

役員構成

(社長)山口 拓己
(取締)三島 映拓
(取締)戸崎 康之
(取締)鎌田 和彦*
(取締)鈴木 啓太*
(常勤監査)向川 壽人*
(監査)田中 紀行*
(監査)羽入 敏祐

 

 

株主構成

ベクトル 760(56.4)
山口拓己 70(5.2)
日本カストディ信託口9 55(4.1)
自社(自己株口) 41(3.0)
日本カストディ信託口 30(2.2)
BNY・GCMクライアントJPRDISGFEAC 28(2.0)
日本マスター信託口 25(1.9)
モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー 18(1.4)
第一生命保険 13(0.9)
SBI証券 12(0.9)

 

時価総額

458億円(2021/4/26時点)

会社URL

prtimes.co.jp

株探URL

kabutan.jp

決算情報

決算短信抜粋(2021年第1四半期)

利用企業社数は2020年5月に39,940社(前年同期比9,660社増加)に達し、国内上場企業のうち40.3%の企業にご利用いただいております。

 

しかしながら、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言発令の影響で「PR TIMES」のプレスリリースの利用機会が一時的に減少し、4月のプレスリリース配信件数は2011年3月以来9年1カ月ぶりに前年同月比で10%未満の増加に留まりました。

 

その一方で、新型コロナウイルス関連やテレワーク関連等のプレスリリースへのアクセスは増加し、5月のサイト閲覧数は5,200万ページビューを超えました。メディアユーザー数も17,951名となり、引き続き成長基調を維持しております。

 

プレスリリースの配信と受信双方の増加に伴いネットワーク効果が大きく働き、「PR TIMES」は従来の報道向け素材資料であるプレスリリースの情報流通サービスから、PR(パブリック・リレーションズ)プラットフォームへと変容を遂げております。

 

また、新規事業として取り組んでおります広報・PR効果測定サービス「Webクリッピング」のユーザー数は9,099名、タスク管理ツール「Jooto」のユーザー数は221,544名、カスタマーサポートサービス「Tayori」のアカウント数は34,377名となりました。

 

いずれのサービスもユーザー数もしくはアカウント数は伸びているものの、有料課金率は極めて低く、投資フェーズが続いております。

決算短信抜粋(2021年第2四半期)

利用企業社数は2020年8月に43,516社(前年同期比11,105社増加)に達し、国内上場企業のうち41.8%の企業にご利用いただいております。メディアユーザー数も18,757名となり、引き続き成長基調を維持しております。

 

プレスリリースの配信と受信双方の増加に伴いネットワーク効果が大きく働き、「PR TIMES」は従来の報道向け素材資料であるプレスリリースの情報流通サービスから、PR(パブリック・リレーションズ)プラットフォームへと変容を遂げております。

 

しかしながら、緊急事態宣言発令の影響で「PR TIMES」のプレスリリースの利用機会が一時的に減少し、4月のプレスリリース件数は2011年3月以来9年1カ月ぶりに前年同月比で10%未満の増加に留まりました。

 

その一方で、新型コロナウイルス関連やテレワーク関連等のプレスリリースへのアクセスは増加し、5月のサイト閲覧数は5,200万ページビューを超えました。

 

5月25日に緊急事態宣言が解除されたことで、6月以降のプレスリリース件数はコロナ禍以前の成長率を取り戻しておりますが、「マスク」及び「消毒液」といった新型コロナウイルス感染症に起因する内容のプレスリリースが未だ多く、同程度の成長が下半期以降も続くかは不透明な状況です。

 

また、新規事業として取り組んでおります広報・PR効果測定サービス「Webクリッピング」のユーザー数は10,345名、タスク管理ツール「Jooto」のユーザー数は234,562名、カスタマーサポートサービス「Tayori」のアカウント数は37,195名となりました。

 

いずれのサービスもユーザー数もしくはアカウント数は伸びているものの、有料課金率は極めて低く、投資フェーズが続いております。

決算短信抜粋(2021年第3四半期)

利用企業社数は11月に47,324社(前年同期比12,656社増加)に達し、国内上場企業のうち43.1%の企業にご利用いただいております。メディアユーザー数も19,574名となり、引き続き成長基調を維持しております。

 

プレスリリースの配信と受信双方の増加に伴いネットワーク効果が大きく働き、「PR TIMES」は従来の報道向け素材資料であるプレスリリースの情報流通サービスから、PR(パブリック・リレーションズ)プラットフォームへと変容を遂げております。

 

また、新規事業として取り組んでおります広報・PR効果測定サービス「Webクリッピング」のユーザー数は11,410名、タスク管理ツール「Jooto」のユーザー数は248,547名、カスタマーサポートサービス「Tayori」のアカウント数は39,607名となりました。

 

いずれのサービスもユーザー数もしくはアカウント数は伸びているものの、有料課金率は極めて低く、投資フェーズが続いております

決算短信抜粋(2021年第4四半期)

利用企業社数は2021年2月に50,633社(前年同期比13,916社増加)に達し、国内上場企業のうち44.7%の企業にご利用いただいております。メディアユーザー数も20,307名となり、引き続き成長基調を維持しております。

 

プレスリリースの配信と受信双方の増加に伴いネットワーク効果が大きく働き、「PR TIMES」は従来の報道向け素材資料であるプレスリリースの情報流通サービスから、PR(パブリック・リレーションズ)プラットフォームへと変容を遂げております。


また、新規事業として取り組んでおります広報・PR効果測定サービス「Webクリッピング」のユーザー数は12,368名、タスク管理ツール「Jooto」のユーザー数は262,694名、カスタマーサポートサービス「Tayori」のアカウント数は42,251名となりました。「Jooto」については、2021年1月よりテレビCMを放映開始し、2月よりタクシー内でも放映する等積極的に投資を行っております。

 

いずれのサービスもユーザー数もしくはアカウント数は伸びているものの、有料課金率は極めて低く、投資フェーズが続いております。

 

業績情報

売上高・営業利益・経常利益・最終益推移

f:id:hidemaru_1988:20210426211645p:plain

売上高・営業利益・経常利益・最終益推移(4半期毎)

f:id:hidemaru_1988:20210426211149p:plain

株式チャート

f:id:hidemaru_1988:20210426211944p:plain

各種指標

PER:36.6倍

PBR:17.86倍

ROE:50.29

自己資本比率:74.3%

会社評判

OpenWork評価値

f:id:hidemaru_1988:20210426212138j:plain

10バーガ指標判定

上場して5年以内 → 〇

オーナ企業 → ×

売上成長率年20%以上 → 〇

時価総額300億以下 → ×

 

最後に

f:id:hidemaru_1988:20210320111649p:plain

 

記事の中に記載してほしい指数や情報がありましたら、コメントもらえるとうれしいです。

 

Youtubeもほそぼそと継続しています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

チャンネル登録していただけると大変うれしいです!!!

当ブログは、あくまで初心者である私が株式投資を行っていく過程を綴っているだけですので、投資はそれぞれの責任で行ってください。