30代エンジニアの資産形成ブログ

30代エンジニアが6000万円の資産を形成するために行っていることを発信していきます。楽天経済圏での株式投資、節約、効率的なポイント収集やブログでの収益化を行っていきます。

【株式投資】投資信託のパフォーマンスを確認してみた 2021年4月末時点

f:id:hidemaru_1988:20210505102338p:plain
 

こんにちは、ひでまるです。
まずは読者になってもらえると嬉しいです!

◆読者登録よろしくお願いします!◆

今回の記事では、楽天証券で取り扱っている投資信託のうち、信託報酬が少ないものに限定し、パフォーマンスを確認して見ようと思います。

 

私自身、今年からは投資信託の購入割合を増やし、現金保有率を引き下げる方針で行こうと思っており、購入する投資信託はパフォーマンスが高いものに重点を置いていこうと考えています。

 

 

信託報酬が少ない投資信託

楽天・全米株式インデックス・ファンド

信託報酬:0.1620%

 

運用方針

楽天・全米株式インデックス・マザーファンド」を通じ、主として「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」に投資する。CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目指す。原則、為替ヘッジは行わない。

 

基準評価額

f:id:hidemaru_1988:20210505103231p:plain

 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

信託報酬:0.1023%

 

運用方針

「外国株式インデックスマザーファンド」通じて、主として日本を除く世界各国の株式に投資を行い、MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)と連動する投資成果をめざす。対象インデックスとの連動を維持するため、先物取引等を利用し株式の実質投資比率が100%を超える場合がある。実質外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。

 

基準評価額

f:id:hidemaru_1988:20210505103830p:plain

 

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均

信託報酬:0.1540%

 

運用方針

日経平均株価(日経225)(配当込み)と連動する投資成果をめざし、「日経225マザーファンド」への投資を通じて、主として同インデックスに採用されている国内の株式に投資する。

 

基準評価額

f:id:hidemaru_1988:20210505104019p:plain

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

信託報酬:0.0968%

 

運用方針

「S&P500インデックスマザーファンド」への投資を通じて、主として対象インデックスに採用されている米国の株式に投資を行い、信託財産の1口当たりの純資産額の変動率を対象インデックスの変動率に一致させることを目的とした運用を行う。原則、為替ヘッジを行わない。

 

基準評価額

f:id:hidemaru_1988:20210505104207p:plain

 

eMAXIS NASDAQ100インデックス

 

信託報酬:0.4400%

 

運用方針

「NASDAQ100インデックスマザーファンド」への投資を通じて、主として米国の株式等(DR(預託証書)を含む。)に投資を行う。「NASDAQ100指数(配当込み、円換算ベース)」に連動する投資成果をめざして運用を行う。実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。

 

基準評価額

f:id:hidemaru_1988:20210505104330p:plain

 

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)

信託報酬:0.1144%

 

運用方針

主として「TOPIXマザーファンド」、「外国株式インデックスマザーファンド」および「新興国株式インデックスマザーファンド」への投資を通じて、日本を含む先進国および新興国の株式等(DR(預託証書)を含む)に投資する。各対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する成果をめざす。実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジは行わない。

 

基準評価額

f:id:hidemaru_1988:20210505104521p:plain

年初来パフォーマンス比較

f:id:hidemaru_1988:20210505104952p:plain

年初来パフォーマンスの上位3つは、

楽天・全米株式インデックス・ファンド

・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

という結果になりました。

 

また、日経平均インデックスが一番パフォーマンスが低い結果になりました。

 

 

 

最後に

f:id:hidemaru_1988:20210320111649p:plain

今回の記事では、投資信託の年初来パフォーマンスを確認しました。

 

今回の結果をもとに、今月の積立てを行っていこうと思います。

 

金額の方針としましては、毎月自由に使える金額+先月の確定損益の半分を投資信託に充てていこうと考えております。

 

安定的な資産運用を行っていく上では、投資信託またはインデックスETFを買っていくのは必須化と思います。

 

個別銘柄投資は楽しいですが、リスクもありますし、私自身は初心者なので一定範囲に収めて取引を行っていこうと思います。

 

Youtubeもほそぼそと継続しています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

チャンネル登録していただけると大変うれしいです!!!

当ブログは、あくまで初心者である私が株式投資を行っていく過程を綴っているだけですので、投資はそれぞれの責任で行ってください。